新樹社
新樹社の本を検索
  • 新樹社の本一覧
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 書店様用

トップ > 鐵都(てつのまち)釜石の物語

書籍詳細

鐵都(てつのまち)釜石の物語
タイトル
鐵都(てつのまち)釜石の物語
著者/編者/訳者/他
著:小野崎敏
ISBN
【ISBN10】4-7875-8575-4/【ISBN13】978-4-7875-8575-2
カテゴリー
歴史・思想
価格
1,700円(税別)
購入する

ひとことメモ

近代産業遺産に認定された、釜石製鉄の150年をたどる

南部藩出身の大島高生は安政4年に、釜石の地に洋式の高炉をつくり、鉄の精錬に成功した。日本の近代化の扉が開かれた。
司馬遼太郎は、著書「歴史を紀行する」で、「スエズ以来において近代式製鉄というものが、西洋人の手をかりることなしにすでに安政年間に出発しているということを、われわれは記憶しておかなければならない」と記している。
鉄をめぐる人々の列伝。

発行:2007年11月

▲ページの先頭へもどる

COPYRIGHT (c)2007 SHINJUSHA ALL RIGHTS RESERVED. 当サイトに掲載されている、すべての画像、記事、データについて、無断転用、無断転載を禁じます。